サービス

親子で学ぶ農業塾

活動内容

JAあいち尾東管内の「食」と「農」に対する理解促進のため、農業体験を通じ地域の皆様とふれあい、食への関心・興味を高揚して食の大切さ、食を支える農の役割に対する理解を深めていくため行っています。ぜひ、参加してみてはいかがでしょうか

5月ー 春野菜の植え付け

5月には、畑で春夏野菜の植え付けを家族みんなで行います。初めて農作業に触れる子供たちは「植えるのが楽しかった」「収獲までが待ち遠しい」など楽しそうに話してくれました。

6月ー 田植えと野菜の収穫

6月には田植えを行います。JAあいち尾東管内での学校給食にも提供しているお米「あいちのかおり」の苗を手植えしていきました。泥だらけになりながら夢中になって取り組む子供たちは「ぬるぬるして面白かった」「こんな小さな苗がお米になることに驚いた」と、興味を持って参加してくれました。 植え付けからしばらくして、野菜は大きくなり、収穫時期を迎えます。きゅうりやナスなどの春夏野菜は定期的に収獲することができるので「しばらく野菜に困らない」とお母さんたちは喜んでいました。子供たちも自分の作った野菜はすごく美味しかったと笑顔で話してくれました。

10月ー 稲刈り体験

10月には稲刈り体験を行い、親子で協力して稲を刈りとります。塾生のみんなはお米を作るのにはとても長い期間がかかり、大変だということを感じていました。また各地区でコンバインの稲刈り作業の見学や脱穀機による脱穀など農業機械の実演にとても興味を持って見ていました。